facebook

twitter

line

はてなブックマーク

株式会社フルスピード

社長・人事部長 活躍中の女性社員 オフィス紹介

2016年02月18日更新

  • facebook
  • twitter
  • line

入社時の希望を叶え人事に。やりたいと言ったことを覚えててくれる、意欲を持って仕事に臨む人間に、チャンスのある会社。

株式会社フルスピード 人事部 新井かなえ

新卒でフルスピードに入社し、現在3年目。人事部で新卒採用を担当している新井さんに、女性としての視点から、フルスピードの働き心地や環境、ご自身の働き方についてお話しいただきました。

fullspeed_人事①

入社後のキャリアと、現在の仕事内容についてお聞かせください

―覚えてくださっていた、入社時からの”人事志望”

新卒で入社して、1年目はweb広告の運用業務を行っていました。元々人事志望だったんですが、まずは、実務を経験しようと。でも入社時に、いつかは人事をやりたいということを上司に伝えていたんです。そしたら、そのことを覚えていてくださっていて。2年目の春に人事へ異動しました。

人事に異動してからは、新卒採用をメインに行っています。説明会の運営や面接を行ったり、就活イベントで学生の前で話すこともあります。その他採用以外にも、納会の準備や健康診断の手配などの事務作業、社内広報の業務にも携わっています。
もちろん大変なこともありますが、入社時からやりたいと思っていたことをやらせてもらえて、とてもやりがいを感じる日々です!

仕事をする上で、気を付けていることはありますか?

―学生に対してかっこつけないこと。常に意識しています

仕事上で気を付けているのは、新卒採用のときにかっこつけないこと。社外で話すときと、社内にいるときの裏表を作らないように、等身大で選考に臨んでいます。就活生に対してかっこつけてしまったら、入社後のギャップが生まれてしまいますからね。

それから、フルスピードに合う学生もいれば、そうでない学生も当然います。私は人事として、選考が進んでいる学生と上手く付き合うことは当たり前だと思っていて、できるだけそうでない方へのフォローをするように心がけています。選考が終わった後も、いい関係を築けるような雰囲気作りをしていきたいです。「何か悩みがあったら聞くよ」って連絡することもあります。

実はこれ、人事になりたての頃、社長の友松から言われたことなんです(笑) 「選考から落ちてしまった子とも上手く付き合えるのが、ほんとにいい人事なんじゃない?」って。そのアドバイスがずっと心に残っていて。せっかくの縁ですから、どういうかたちであれ、弊社を受けて良かったなと思っていただきたいですからね。

fullspeed_人事②

女性から見て、フルスピードはどのような社風だと感じますか?

―女性だから、男性だから、という意識がない

弊社は男女差がない会社です。女性幹部もいますし、そもそも社風的に、女性だから男性だから、ということを意識していないんだろうなぁ、と思いますね。色んな人がいる中で、個人がそれぞれの視点や個性を活かして働いています。そして、1人ひとりが活躍できるチャンスのある会社です。
人事という仕事をとっても、そう感じることがあります。就活生の中にも、色んな学生がいます。誰かに相談に乗って欲しいタイプ、ゆっくりじっくり自分で考えたいタイプ、自分の力で突き進みたいタイプ…。色んな学生がいる中で、それぞれに合わせたサポートをするには、色んな視点を持った人事がいていいと思うんです。この部署は男性、この部署は女性、そういった線引きのない会社ですね。

それから、友松からもありましたが、フルスピードはとにかく人が良いんです。部署を超えてご飯や飲みに行ったり、サークル制度などもあるので休日を一緒に過ごすこともあります。こういった円滑なコミュニケーションが弊社の働きやすさを生み出していると思います。

貴社の働きやすさを感じる、具体的なエピソードを教えてください

―時短で働く社員に、「5時になったよ!」とアナウンスし合う環境

私の席の周りには女性社員が多いんですが、最近では、産休・育休を経て、時短勤務で戻ってくる女性社員も増えてきています。
時短勤務に関しても会社で認められているとはいえ、やっぱり帰りづらいのかな、と初めは思ったりもしました。でも、フルスピードは上司やメンバーの理解が得やすい環境なんですよね。例えば、弊社は19時が定時なんですが、17時までの時短で働いている女性社員に「もう5時になったよ~」と周りが声を掛けています。そのたった一言が、帰りやすさを生みます。周りがそう気にかけてくれると本人も、「きちんと仕事を終わらせて、早く帰ろう」と思えるじゃないですか。
いくら制度が整っていても、周りの協力がないと、気持ち良くその制度が使えません。こういうところが、フルスピードの働きやすさなんじゃないかな。

時短勤務をはじめとして、弊社ではその人に合わせた働き方を提供しています。今後はもっと、男女関係なく、その人に合わせた働き方を提供できるようにしよう、という動きがありますね。

fullspeed_人事④

仕事以外のプライベートは、どのように過ごされていますか?

―平日の夜は、お弁当作りと家族とのコミュニケーションで息抜き

元々アフター6はあまり意識していなくて、平日は仕事が終わったらまっすぐ家に帰ることが多いです。忙しい時期は、遅くまで仕事をしていることもありますね。
最近はランチにお弁当を持っていくようになったので、帰りが遅くなっても次の日のお弁当を作っています。月曜にたくさん作っておいて、そのおかずを使いまわすことも。母親と話したり、家族とのコミュニケーションの時間にもなっていて、私にとって大切な息抜きの時間です。

友達とのおしゃべりも、私のリフレッシュ方法の1つです。私はお酒があまり得意ではないので、もっぱらご飯ですが。早く帰れた金曜日なんかは、よくご飯に行っています。

就職・転職活動中の女性たちへメッセージをお願いします!

―やりたいことを無理に見つけようとしなくていい

「やりたいことが見つからないんだけど、やりたいことを見つけるにはどうしたらいいですか?」 と学生から聞かれることが多々あります。
私は、無理に見つけようとしなくていいんではないかな、と思っています。今の段階で一番興味のあることから考えていけばいい。今の段階で興味あることが、途中で変わってしまってもいいと思うんです。

なので学生にそう聞かれた時は、「色んな業界の説明会を受けてみれば?」とアドバイスしています。その中で、説明会の内容が全然頭に入ってこなかったり、合う合わないがきっと出てくるはず。ふわっとしたイメージでも全然かまわないんです。私自身、就活のときは「これかっこよさそう」「こういう風になりたい」というイメージから始めました。
例えば、ドラマに影響受けたっていいと思います。私が就活していたころは、ちょっと前にIT企業を舞台としたドラマが流行って、周りでもネット広告系の企業を受けてる子は多かったですね(笑)
入りはそんな感じでいいんです。なるべく色んなものを見て、なりたい自分像を固めていってください!

fullspeed_人事③
インタビューを終えて

1人ひとりの希望をしっかり覚えてくれていることに、とても感動しました。お話しを伺う中で、男女関係なくチャンスが与えられていることが伝わってきました。

また、就活へのアドバイスもとても参考になりました。もう少し先ですが、就職活動の時期になった際は、新井さんのアドバイスを思い出して自分らしく進めていこうと思います。

プロフィール

プロフィール画像

株式会社フルスピード 人事部

新井かなえ

2013年新卒でフルスピードに入社。Web広告の運用業務を1年経て、2年目から人事部へ。裏表のない採用活動をポリシーに、入社時から志望していた人事部で新卒採用に携わる。

社長・人事部長 活躍中の女性社員 オフィス紹介

会社概要

株式会社フルスピード

株式会社フルスピード

リスティングやSEO、アフィリエイト広告など、インターネットサービスを多角的に提供。渋谷から高度な最先端技術と豊富なノウハウでネット広告業界をリードし、未来を創っていく企業。

 http://www.fullspeed.co.jp/2016_recruit/

インタビュアー

みずき

みずき

持ち前の明るさとタフさを活かしてインタビュー頑張ります。よろしくお願いします!

紹介ページはこちら